皮膚科

皮膚科

皮膚疾患全般にわたる診断と治療を行います

皮膚疾患

皮膚科では皮膚疾患全般にわたる診断と治療を、基本的に保険診療にて行います。皮膚は全身を映す鏡です。内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合い、皮膚症状として現れてくることが少なくありません。

皮膚病変を検査しているうちに、内科的疾患が見つかるケースもありますので、皮膚の異常が見つかりましたら、早めに受診してください。

皮膚科を訪れる患者様に多く見られる症状・疾患

  • 湿疹
  • かぶれ
  • 痒み
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • 乾燥肌
  • にきび
  • 水虫(足白癬)
  • 虫刺され
  • ほくろ
  • いぼ
  • たこ、うおのめ
  • おでき
  • 巻き爪(陥入爪)
  • やけど
  • 帯状疱疹
  • 円形脱毛症 など

スキンケア法などもアドバイス

皮膚疾患以外にも、乾燥肌、肌荒れなど、皮膚のことで少しでも気になることが出てきましたら、何でも遠慮無くご相談ください。お一人お一人の方に合ったスキンケア法をアドバイスいたします。

皮膚科で診療する代表的な疾患

接触性皮膚炎(かぶれ)
接触性皮膚炎(かぶれ)

皮膚に直接触れたものの刺激や毒性が原因となって起こる炎症や湿疹が接触性皮膚炎(かぶれ)です。

接触皮膚炎には、塩酸や強アルカリ物質などの刺激があるものによる刺激性接触皮膚炎のほか、アレルギー性(アレルギー性接触皮膚炎)により起こる湿疹もあります。アレルギー性の場合は、原因物質(例えば金属や化学物質)に繰り返し触れることで湿疹が現れ、痒みや痛みを伴いますので「アトピー性皮膚炎」とよく間違えられるのですが、アトピーは複合的な要素が絡むので原因が複雑です。

一方、アレルギー性接触皮膚炎は、原因が複雑なアトピーとは違い、原因を特定し、その刺激を除くことができれば、比較的容易に治すことができます。

治療方法ですが、まず症状を抑えるためのステロイド外用薬を使用します。強い痒みがある場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用います。症状が重症であるときは、ステロイド薬を内服するほか、医師による経過観察なども必要です。

脂漏性皮膚炎

頭や顔、胸背部、わきの下、股など脂腺の多いところに生じる湿疹が脂漏性皮膚炎です。新生児や乳児にも多く見られますが、こちらは乳児脂漏性湿疹と呼ばれます。この疾患にかかる年代層は主に20~40歳代と言われ、頭、顔、耳にフケがしつこく出るほか、肉眼ですぐにわかる赤みを帯びた発疹が出てきます。痒みは出ることもありますが、比較的少ないとも言われています。

原因については、皮脂成分の質的異常や皮膚機能の老化が関係しているのではないかと言われています。また、でんぷう菌(マラセチア)の感染が関与することがあり、脂漏性皮膚炎の治療としては、強過ぎないように気をつけながらも石けんやシャンプーを適切に使用しながらしっかり洗うのが基本です。そして身体を清潔に保った後、ステロイド軟膏とでんぷう菌に効く抗菌薬を塗ります。

手湿疹

台所や洗濯などの水仕事や、紙を頻繁に扱う仕事をしていると、皮脂や角質が落ちていきます。それによって皮膚のバリア機能が弱まり、物を掴むなどの物理的な刺激に皮膚が過剰に反応するようになり、また刺激物が侵入しやすくなることで起こるのが手湿疹です。

手湿疹は、アレルギー体質の方に生じやすく、原因となる仕事を止めることができない方にはとても治りにくい症状です。

治療に関しては、主に薬物療法と生活改善を行います。薬物では、ステロイド外用薬と保湿薬を中心に用います。適切な薬を使用すれば1~2週間で改善しますが、生活を変えない限りは再発します。常日頃から手を保湿・保護するための生活改善を心がけてください。

皮膚掻痒症

皮膚には何もできていないのに、痒みが生じる疾患です。全身の至るところが痒くなる場合と、陰部などの限られた部分だけが痒くなることがあります。しかし、痒みの原因については、十分には解明されていません。肌の乾燥のために、ちょっとした刺激で痒くなることもありますが、それだけでなく腎臓、肝臓・胆道系疾患、糖尿病やホルモン異常、血液疾患、悪性腫瘍、さらには内服薬なども原因になっていることがあります。原因疾患がある場合には、まずその治療が必要です。また肌が乾燥していることが多いので、保湿薬をしっかり塗ってケアすることに努めてください。

じんましん

じんましんとは、痒みの強い、丸っぽい形をし、わずかに盛り上がったみみず腫れ(膨疹)が数分~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患です。なお、湿疹の場合は、短い時間で消退を繰り返すようなことはありません。痒みを伴うケースがほとんどですが、ほかにもチクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みが生じることもあります。かさつきは見られません。

原因物質は食物(卵・小麦・エビ・カニなど)や薬剤のほか、特定ができない場合も多いですが、誘引除去と抗ヒスタミン薬など内服加療で改善します。

白癬(=水虫)、爪白癬

足に起こる白癬のことを足白癬と言いますが、この皮膚疾患に関しては水虫と呼ばれるケースが非常に多いです。

白癬とは皮膚糸状菌(白癬菌)という真菌(カビ)によって生じる感染症で、この白癬菌が足の裏や足の指の間などに寄生して、じくじくしたり、痒みが出てきたりします。 感染する原因は、不特定多数の人が履くスリッパを使用したり、複数の人が利用する足拭きマットを共用することなどによって感染します。白癬菌は高温で湿度が高い状態を好みますので、夏の季節になると活発化しやすく、症状が悪化していきます。逆に冬になると気温が低く、乾燥した環境になるので、症状が治まりやすくなります。

足白癬の症状は主に3タイプに分類されます。一つは、足の指の皮が剥けたり、指の間が赤くなる趾間型足白癬、二つ目が足の裏などに小さい水ぶくれができる小水疱型足白癬です。そして3つ目が足の裏やかかとがかたくなってしまう角質増殖型足白癬です。

治療では抗真菌薬が使われます。角層(皮膚の一番外側)に感染した白癬であれば、抗真菌作用のある塗り薬をつけていれば大抵治りますが、角層が肥厚している角質増殖型と呼ばれるタイプや白癬菌が爪に寄生している場合には、内服薬を用いる必要があります。 なお内服薬については、肝機能障害などを招くことがあるため、血液検査で副作用をチェックしながら治療を進めます。このように薬物治療がメインですが、日頃から足を清潔かつ乾燥に保つことも治療や予防に有効です。

帯状疱疹

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発症しますので、水痘(水ぼうそう)を経験した人にだけ起こります。症状はチクチクした痛みや皮膚の違和感から始まり、しばらくするとその部分が赤い斑点になり、やがて帯状の水ぶくれになって、神経痛のような強い痛みを伴うようになります。痛みは水ぶくれが治る頃に消えますが、治った後も長期間にわたってピリピリするようなしつこい痛みが残ることがあります。これを「帯状疱疹後神経痛」と言います。

治療では、抗ウイルス薬を内服します。痛みについては、消炎鎮痛薬やステロイド薬を内服します。ひどい痛みの場合は、神経に向けて注射するブロック注射を行います。皮膚の症状は20日前後で落ち着きますが、痛みが残る場合があります。そのようなときは、長期的に痛み止めが必要になることがあります。 帯状疱疹は早く皮膚科を受診して早期のうちに治すことで、帯状疱疹後神経痛の発症を少なくすることができます。

うおのめ・たこ

うおのめは足の裏や足の指の間にできる場合がほとんどで、歩くときに痛みが生じます。原因としては、足の皮膚のある一点に圧迫や摩擦といった刺激が長い期間加わり続けていくと、やがて皮膚の角質が硬くなります。それが蓄積していくことで皮膚の表面が厚くなり、その角質の中心が芯のように硬くなって皮膚の内側へと侵入していきます。芯の部分が魚の目のような見た目であることからうおのめと呼ばれるようになりました。痛みがひどい場合は、取り除く必要があります。ただ、うおのめは角質の深い部分まで入り込んでいますので、除去の際は皮膚科のある当クリニックなどで行う必要があります。

たこは皮膚のある一点に圧迫や摩擦が加わり続けることで生じるものです。うおのめのような芯はなく、広い範囲で均一に角質が厚く硬くなるので、痛みはありません。触った感覚が少し鈍くなることがあります。タコについては、市販の薬局などに置いてあるサリチル酸軟膏を塗ることで取り除くことができます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、痒みのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。初期は粉を吹いたようなかさついた状態となり、首や関節の周囲、耳たぶなど比較的皮膚の柔らかい部分に見られます。炎症の度合などは、人により様々ですが、症状は全身におよび、良くなったり悪くなったりを繰り返します。また、皮膚症状が、年齢によって変化するのも特徴です。

アトピー性皮膚炎は子どもに多く見られ、成長するに従い治っていくと言われていましたが、近年は成人になっても治らないばかりか、さらに悪化したり、慢性化することが多く見受けられるようになりました。その原因は、まだ解明されていませんが、遺伝的な体質に、環境要因(ストレスなど)が影響して発症すると考えられています。なお、アトピー性皮膚炎の患者様の多くが、皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を併せもっています。

治療は、主に薬物療法となります。外用薬としては、ステロイドの塗り薬とステロイド以外の免疫抑制薬の塗り薬(免疫抑制外用薬)があります。ステロイドの塗り薬は、炎症を強く抑える作用を有し、免疫抑制外用薬は、過剰な免疫反応を抑えます。これらの薬剤を適切に使うことで、症状を早く改善し、良い状態を維持することができるようになります。

そのほか、痒みを抑えるために、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を補助的に用いたり、他の治療でなかなか効果がみられない重症の成人患者様には、ステロイド薬の飲み薬やシクロスポリン(免疫抑制薬)の飲み薬を服用することもあります。

にきび
にきび

医学的には尋常性ざ瘡と呼ばれるにきびは、皮膚疾患のひとつです。思春期特有の症状と思われがちですが、成人になっても不規則な生活などが続くと症状が出やすくなります。

主な原因は、皮脂(皮膚のあぶら)の過剰な分泌と毛穴の詰まりによるものです。ホルモンやストレスなどの影響により過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まると、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、にきびの元となるニキビ菌(アクネ菌)は増殖していき、症状を悪化させます。顔はもちろん、胸や背中といった皮脂の分泌が多い箇所でよく見られます。

治療に関しては、にきびの種類と重症度を判断し、外用薬(抗生物質の外用、イオウ製剤など)、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬など)、ケミカルピーリング、面皰圧出(針で患部に穴を開けて出口をつくり、毛穴に溜まっている皮脂を押し出す方法)等から選択することになります。